<箱根金時荘>の朝食にお出しする梅干しをつくります

今年も梅干し作りの季節がやってきました。

八百屋さんには梅の実が並んでいます。

3年前までは、30キロを漬けていましたが、去年は7キロつけましたが、新しく漬けるにあたり、去年のを出してみたら、大変です。

カビて失敗していました。

失敗は初めてです。

小田原 梅干し

気持ちを切り替えて、小田原の下曽我の梅を10キロ購入しました。

梅干し 小田原

梅の黒いヘタを面倒なんですが、1個1個とります。

梅干し 小田原

水で汚れを流すように綺麗に洗い、ひたひたになるまで水をいれ、1晩浸します。

1晩水に漬けたら、水を切って塩を入れます。

塩はあらじおを10キロの梅に対して、去年は失敗したときは、減塩にして10%だったので、今年は12%に戻して作ります。

あらじおを1200グラム用意したら、大きめの容器に水を切った梅を4−5回に分けて入れ、その上にあらじおを4−5回に分けて入れます。

梅干し 梅雨
梅干し 梅雨

重しを置いて、水が上がるのを待ちます。

梅雨あけぐらいまで、カビが生えないか、ちゃんと水が上がったか、面倒をみながら、梅を育てる感じです。

今年は、容器にも重しの石にも除菌アルコールをきちんとスプレーしたので大丈夫だと思います。

去年つけた梅が失敗しても、3年ものがあるので、これから夏のお客様への提供には問題ありません。

さて、今年はうまくいきますか、乞うご期待です。

Follow me!